自作ステッカーのトップページ

ステッカーを印刷する用紙

使用するプリンター
(顔料or染料)

カッター、マットなど

原稿について

ステッカーの作り方
 用紙がエーワンの場合
 用紙がクイックアートの場合

耐久テスト

コスト比較

 

 

 

 

ステッカーを印刷するプリンター

一般家庭で使われているインクジェットプリンターでステッカーを印刷します。

一般的なインクジェットプリンターのインクは、顔料系と染料系の2種類があります。

違いは、
・染料系 発色が良く画質に優れる・・・写真の印刷に適しています。
・顔料系 にじまず耐水・耐光性に優れる・・・文字の印刷に適しています。

ステッカーの印刷には、耐水・耐光性に優れる顔料系が良いと思います。
顔料系は細かな色表現には向かないので写真の印刷なら染料系と言われますが、現在は技術が進化しており、顔料系インクでも写真をきれいに印刷出来ます。


今回は以下の2機種を使用しました。
※機種により顔料系と染料系があります。同じ機種でインクだけを交換することは出来ません。
  例 顔料系インクのエプソンPX-1001のインクを染料系インクに交換することは出来ません。
     ・・・・・それ以前に、PX-1001用の染料インクは販売されていませんが・・・・


顔料系インク
エプソン製 PX-1001

顔料系4色インクのプリンターです。
当店ではA3サイズまで印刷をすることがあるので、この機種を使用していますが、通常はA4サイズまで対応の「PX-405A」で良いと思います。

 

EPSON PX-1001
エプソンのプリンターが全て顔料系ではありません。顔料系の機種と、染料系の機種が販売されています。
印刷だけの単機能、コピーやスキャナ機能が付いた複合機があり、それぞれに顔料系と染料系のインクを使用した機種が販売されています。

染料系インク
キャノン製 iP4700

染料系4色、顔料系1色のプリンターです。
通常は染料系4色で印刷を行い、
文字だけは黒の顔料系インクで印刷を行うタイプです。

CANON iP4700

 

このページのTopへ↑